虚血性心疾患とは

心臓に酸素と栄養をおくる冠動脈が動脈硬化や血栓などで狭くなり、血液が行き渡らない状態です。それにより、胸の痛み等が起こります。大きく分けて狭心症と心筋梗塞があります。

狭心症

狭心症は、冠動脈が動脈硬化の為に狭くなり、その結果として十分な量の酸素と栄養が心臓に運ばれないために起こります。心臓の筋肉が壊死してはいませんが、発作が頻繁に起きるときは要注意です。症状は、突然運動時の胸の締め付けるような痛み、圧迫感などがあります。

心筋梗塞

心筋梗塞は、冠動脈が詰まり、または詰まりかかって、心臓への酸素と栄養の供給ができなくなったために心臓の筋肉が壊死してしまう状態です。症状は、激しい胸の痛み、呼吸困難、冷汗、嘔気、嘔吐などがあります。

診断と検査

外来診療で、「運動負荷心電図検査」、「血液検査」、「心エコー」、「冠動脈造影CT検査」、「心臓MRI検査」など、患者さまへの負担やリスクの少ない検査から順に施行しております。できるだけ安全かつ確実に循環器疾患全般を診断するためです。狭心症の疑いが極めて強い患者さまに対しては、「心臓カテーテル検査による冠動脈造影」を行います。

治療

当院ではカテーテルによる治療を行っております。

カテーテル治療では、足の付け根や手首等の動脈から、風船やステント(金属の筒)を付けたカテーテルを挿入します。そして、冠動脈の狭窄部位で膨らませて血管を拡張することにより、冠動脈の血流を再開させます。