​​不整脈について

通常心臓は、1分間に約60~80回の規則的なリズムで拍動を繰り返し、全身に血液を送り出しています。「不整脈」とは、脈が極端に速かったり(頻脈)、極端に遅かったり(徐脈)、不規則になる(期外収縮)状態のことをいいます。

症状には、突然の動悸、めまい、胸部の不快感などがあります。
不整脈には、治療の必要がないものがある一方で、
脳梗塞を併発する恐れのあるもの、心不全や最悪の場合は命に関わるものまであります。